2021/09/15
首の痛み、肩コリ…もしかしたら頚椎症かも…?!

こんにちは  JR東淀川駅西口にある商店街の中、徒歩2分左手側にある東淀川みやび鍼灸整骨院です!

今回は「頚椎症」についてお話ししていきます!

頚椎症とは、年齢を重ねてくることによって首の頚椎という骨や周辺の組織である椎間板などが潰れてしまうことで骨棘が出来てしまったり、首の靱帯がぶ厚く・硬くなることで頚椎の中を通る脊髄神経や頚椎の間から出ていく神経が圧迫されることでさまざまな症状が引き起こされてくる病気です。

背骨をつなぎ、クッションの役割をしている椎間板は、20歳を過ぎた頃から変性といって水分量が減ったり、クッション性が落ちたりして硬くなるなどの、組織が衰えていく現象が始まると言われます。

この変性によってクッション性が無くなると椎骨や椎間板が潰れてくるなどの変化を来たします。

それに伴い、頸椎の椎体骨の骨棘(とげ状の突起)が生じたり、その他に靭帯の石灰化・骨化などによって、脊髄や神経が圧迫されることで起こるのが頚椎症なのです。

そして頚椎症は大きく分けて2種類あり脊髄症と神経根症に分けられます。

脊髄症の場合は、

年齢を重ねることによって首の椎骨や椎間板の変形が進み、骨が変形する時に骨棘という骨の出っ張りが出てくることや関節自体に負担がかかり、負担を補うために靱帯が厚く硬くなることで、脊柱管の中を通っている脊髄が圧迫されて両腕や両手に痛みや痺れを引き起こしてきます。

症状が強く出る場合には足の方にまで影響が出ることがあります。

神経根症の場合は、

主な発生機序は脊髄症とほぼ同じなのですが、頚椎の変形により、椎間孔と呼ばれる神経の孔が狭くなり椎間孔を通る神経の根本を圧迫することで引き起こされます。

この2つとも、普段の姿勢の悪さや生活習慣が発症する要因となることもあります。

例えば長時間のデスクワークや、不良姿勢でのスマホの長時間使用といった首に負担がかかることが原因となるので注意が必要です。

どちらも50歳以上に多く見られ、男女比で表すと、女性より男性が約2倍ほど多いです。

・症状

主に出てくる症状として肩~腕の痛みが生じます。この他にも圧迫の程度によって、

①首・肩甲骨付近の痛みや肩こりなどの症状が出ますが、手のしびれはありません。(局所的な症状が主に現れる)

圧迫が起こっている場所での症状が現れます。

まだ程度としては軽度ですが、安静にしていて改善するものではありませんので違和感を感じた際に検査を行うことが大事です。

②主に片方の首~肩~腕~手の痛み・しびれが生じます。上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることもあります。(神経根症)

椎骨と椎骨の間から出ている神経が圧迫されている状態です。

①よりも程度が強く局所的なものではなく症状が現れるのが特徴です。

③両方の手足がしびれたり、脱力感があったり、動きが悪くなったりします。

ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが難しくなったり、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったりという症状が出ます。

②よりも症状が強く出てしまっている状態です。

この症状は神経根症状だけではなく、脊髄症で現れることが多い症状です。

動かしにくさや、腕や手指の痺れが出ることも多く、痛みは軽いものから耐えられないような痛みまで、それぞれです。

一般的には頚椎を後ろへ反らせると痛みが強くなりますので、上方を見ることや、うがいをすることが不自由になります。

神経を圧迫しているので上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくありません。

頚椎の伸展(後屈)が神経の圧迫を強めてしまいますので、日常生活の中で何度も頻繁に首を反らせると痛みの悪化や改善の遅れを来たします。

よくある動作としては缶飲料の飲み干し・美容院での洗髪、パソコンの画面で頚をそらせて見ていることなどが原因となることがあります。

・治療

治療の際には症状が出ないように意識的に頚椎を後方へ反らせないようにするのですが、治るまでには数か月以上かかることも少なくなく、動かして激痛が現れる時期が終わった後も気長に根気よく治療していく必要があります。

治療方法としては基本的に保存療法といった手術以外の方法によって治療していくことが多いです。

マッサージで頚椎に引っ付いてる筋肉を緩めてストレスを軽減したり、リハビリ的な施術で運動療法を取り入れて軽減していくようなことをして、改善していくことが一般的です。

当院では、保存療法を改善していくことももちろんですが、姿勢不良に着目して、頚椎を元の位置に戻してあげ、神経が圧迫されないような状態を作る姿勢矯正をオススメさせて頂いてます。

長年による姿勢不良により、首への負担が重くかかってきているので頚椎自体が歪んでくることがあります。

放置しておくと頚椎症が発症してしまうような骨の変形が起こる危険性があるので、変形が起こる前に姿勢を矯正することで正しい骨の位置へと戻すことができるだけでなく、変形が起こりにくい体を作っていくことが出来ます。

もし今、頚椎症でお悩みの方も正しい姿勢へと近づけることで症状の緩和や再発を防ぐことも可能です。

気になった方は一度当院にご相談くださいね!

当院のホームページです!
是非チェックしてみてください!

ここから友達登録を行なっていただけると予約をとることが可能です!

院内の雰囲気などを発信中!起こりやすい症状についてもお話ししております

鍼灸治療に特化したホームページになります
口コミもお待ちしております

当院の口コミを書いていただけると嬉しいです!