2021/07/13
朝起きた時の首の痛み…東淀川みやび鍼灸整骨院にお任せください!

こんにちは JR東淀川駅西口にある商店街の中、徒歩2分左手側にある東淀川みやび鍼灸整骨院です❗️

皆さんは眠っていて、朝目が覚めたときに首の後ろや首から肩にかけて痛みが出たことはありませんか?

その症状は「寝違え」と言います!

安静にしていれば痛みがなく大丈夫だと思っても首を動かすと痛みが少し出る度合いの時もあれば、痛みが強すぎて首を動かせない時もあります。

どういったことが原因で痛みが出ているかについては、様々な意見がありますがほとんどの寝違えは病院での検査やレントゲン・MRI などの画像診断で見てわかるような変化がないことがほとんどなので、正確な原因を特定することは難しいです。

しかし、起こってしまう原因として多いのは…

・飲酒や過度な疲労時の睡眠で睡眠中寝返りをあまり打つことができず不自然な姿勢が長時間続いたために一部の筋肉に流れるはずの血液の供給が不足してしまうことで筋肉が硬くなってしまい、しこりとなっている。

・前日などにいつもはしないスポーツや労働をして過度な負担がかかることで一部の筋肉が痙攣している(こむら返り)

・頸椎の後ろの関節、関節の周辺に炎症がおこる

・不自然な姿勢が続くことで姿勢が歪み、偏ってしまっている

といったことが挙げられます。

・筋肉の阻血(血流が滞っている)

・腕や肩の使い過ぎ(手で重いものを持つ動作は頸の後ろの筋肉に負担がでます)

・同じ姿勢がずっと続く(パソコンや事務作業が長時間に及ぶと頭を一定位置に保持するために頸部の筋肉に負担が生じる)

このように挙げた原因のいずれにしても、「外傷(けが)」ではなく、無理な姿勢を繰り返したり、同じ姿勢が持続した際に起こる筋肉の疲れによって寝違えはおこりやすくなってしまうのです。

ほとんどの人は寝相の悪さや寝ている時の姿勢に問題があると考えがちですが、日々の疲労の蓄積によって起こるパターンが多くを占めます。

寝違えの症状としては

起床時に痛くなり、数時間~数日で痛みが改善していくようであれば、徐々に首を動かしていくことで治っていくのが一般的です。

痛みが強い場合には首周りの痛みだけではなく、他の場所にも痛みはないか、手や足に痺れが出ていたりはしないかなども確認をすることが大事です。

「寝違え」の場合には、首の動きは制限されていますが、痺れといった変化は認めません。

痛みが治らず痺れなどの異常がある場合には、頸椎椎間板ヘルニア、関節リウマチなどの首の周りの疾患が隠れている可能性もあります。

痺れなどは出ていないけどよく寝違いが起こる方は疾患が隠れているのではなく、肩こりの症状が強く出てしまっている場合もあります。

このように様々なことが考えられますので「ただの寝違え」と思って放置をせずに、起こってしまった時は早く対処しましょう!

数日~数週間で症状が落ち着くからといって寝違えが完全に治っているわけではありません。

起きてしまった原因がずっとそのままであれば、また寝違えが起こってしまいます。

しかも、今回起こってしまった時よりもっと強い痛みとなって現れる可能性がありますので、そうならないように今から対策・予防を行なっていきましょう!

起こってしまった時は動かすと首が痛いので、痛めてしまった方向には動かさずに痛めてすぐは安静にしている方が良いです。

徐々に痛みが落ち着いてきたら少しずつ動かしてみたり、痛みが強く出ない範囲でストレッチなどを行うのも効果的です。

痛みが落ち着いたら次は起こらないように予防を行うことを心がけましょう!

不自然な姿勢で寝てしまう、同じ姿勢がずっと続くことが多い方はもしかしたら知らず知らずのうちに体が歪んで負担が偏ってしまっているかもしれません。

頻繁に寝違えを起こす方はまず一度当院にご相談ください!

問診にて今の状態をチェックした上で、1人1人に合った治療をご提案させていただきます。

姿勢の写真を撮って歪みが目立つ場合は骨格矯正にて根本的な治療を行い、筋肉の硬さを取り除いていく場合には鍼灸治療にて筋肉に対して直接アプローチすることで筋肉を緩めていきます!

この他にも気になる症状がございましたらお気軽にご相談ください。

換気や消毒などを行いご来院をお待ちしております!

当院のホームページです!
是非チェックしてみてください!

ここから友達登録を行なっていただけると予約をとることが可能です!

院内の雰囲気などを発信中!起こりやすい症状についてもお話ししております

鍼灸治療に特化したホームページになります
口コミもお待ちしております

当院の口コミを書いていただけると嬉しいです!