2021/03/14
肘の痛みを感じていませんか?(テニス肘)について

皆さんこんにちは!!

東淀川みやび鍼灸整骨院の院長の山田です。

今回はテニスプレイヤーの3〜5割の人が経験した事があると言われているテニス肘について書きたいと思います。

テニスプレイヤーの方に多いとされている為テニス肘と呼ばれていますが、本来の傷病名は「上腕骨外側上顆炎」といい、実際に来院され肘の痛みを相談される方は主婦の方や手を良く使うお仕事をされている方が圧倒的に多い印象です。


上腕骨外側上顆炎(テニス肘)とは

テニス肘とは、手首に負担がかかる動作を行った際に肘の外側から前腕にかけて痛みが出る状態の事をいいます。

ラケットでボールを打つ動作を繰り返すテニスプレイヤーに多い症状であることからテニス肘(テニスエルボー)と呼ばれています!


テニス肘の症状

テニス肘は通常、安静にしている時にはあまり痛みを感じず、手首を動かす動作によって肘の外側に痛みが起こるのが大きな特徴です。

上記のイラストのように物を掴んで持ち上げる動作やドアノブを回す、タオルを絞る、パソコンのキーボードを打つなどの日常生活で当たり前のようにする動作で強い痛みを感じます。

症状の現れ方には個人差があり、急に強い痛みが出る場合もあれば、じわじわと徐々に痛みが強くなっていく場合もあります。

腕は日頃から良く使う部分なので一度発症してしまうと慢性化しやすく、症状が進行していくと安静時にも肘の痛みが続くようになります。


テニス肘の予防

テニス肘の予防には手を使い過ぎないという事が1番ですが、日頃から腕のストレッチや筋力トレーニングなどしっかりケアを行っておく事で発症予防や症状の改善に効果的です。


当院での治療

テニス肘は腕をくり返し使う動作(オーバーユース)によって発症する為、1番は安静にする事が大切ですが、日常生活で手を使わないで生活する事が難しい為、手を使いながらでも症状を緩和させる事をコンセプトに、使い過ぎて硬くなってしまい血流が悪くなった筋肉に対して手技療法や鍼灸治療を行っています。

鍼灸治療はテニス肘だけでなく、繰り返し動作(オーバーユース)によって起こる腱鞘炎やばね指など様々な症状に対して有効です!

少しでも気になる方は放っておかず、慢性化する前に早めの治療を心がけましょう!


当院ではHPSNS でも情報を発信しています!

ホームページ(治療方や院紹介など)

LINE公式アカウント (LINEからご予約もできます)

      みやび鍼灸整骨院

〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-3-8